忍者ブログ
Jazz Vocal 飯田さつきのブログ。
プロフィール
HN:
飯田さつき
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1985/05/21
職業:
JAZZボーカリスト
趣味:
たまのサーフィンとお酒♪
自己紹介:
<プロフィール>
 JAZZスクール経営の父、クラシックピアノ教師の母、の間に生まれ、3歳からクラシックピアノを始める。
 14歳から、後藤芳子氏にJAZZ VOCALを師事。17歳、新宿「J」にてライブデビューを果たす。大学入学以降、徐々に「J」や銀座「シグナス」などで歌うようになる。大学3年次から、赤坂「Kei」、六本木「BIRDLAND」(現在は赤坂)にてレギュラー出演するようになる。
 2007年(大学3年次)第7回 JAZZ DAY
(日比谷公会堂)新人ヴォーカルグランプリコンテスト「グランプリ」受賞。それ以降、受賞を機に活動の場が拡がり、ライブハウスやレストラン以外にJAZZコンサートやイベントにも出演するようになる。
 2008年から、発音、インプロヴィゼーションを中心に石井智子氏にもJAZZ VOCALを師事。
 2009年 ボストン Berklee college of music の
5-Week Summer Program 受講を機に渡米。NewYorkでは、Beverley Hanshaw Smithに師事し、ハーレムのJAZZライブハウスで歌う機会を多く与えられる。
2011年5月20日 1stアルバム「I Thought About You」発表。

<受賞歴>
 2007年 第7回 JAZZ DAY 新人ヴォーカルグランプリコンテスト 「グランプリ」受賞。
 2008年 第3回 さいたま新都心 JAZZ VOCAL CONTEST 「審査員奨励賞」受賞。
 2010年 第26回日本ジャズボーカル賞「新人賞」受賞。

<主なコンサート出演>
 2007年 「大江戸ジャズ祭り」江戸東京博物館ホール
 ゲストVocalとして出演。
 2007年 「JAZZ VOCAL JAMBOREE」なかのZEROホール
 新人Vocal出演。
 2008年「第8回 JAZZ DAY」日比谷公会堂 ゲストVocalとして出演。
 2008~2010年「JAZZ VOCAL JAMBOREE」日比谷公会堂
 2009、2011年「TOKYO Jazz Vocalist Gathering」銀座十字屋ホール。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/15 hddymrpzna]
[08/14 hjltbfqnhy]
[05/07 djhmjqpixm]
[04/12 ibuzfoilyv]
[09/22 Satsuki]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
アクセス解析
66 65 64 63 62 61 60 59 58 57 56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の「BIRDLAND」で行われたレコ発ライブでもご報告させて頂きましたが・・・。

なんとなんと~
私の憧れであったJAZZの専門雑誌「JAZZ LIFE」に私のCDが新譜情報で掲載されました

また一つ夢が叶いました

来月号には、見開きでドーーーーンっとインタビューページで紹介されますので、そちらも要チェックでヨロシクど~ぞ~発売されましたら、またご報告させていただきます!!

今日は、ひとまず今月号のご紹介!

JAZZ LIFE 6月号です☆
マーカス・ミラーが表紙

P1050460.JPG


「JAZZ LIFE Disc Review」コーナーに載りました

私の「I Thought About You」の紹介は、P.98です。

P1050463.JPG

本文まで綺麗に写せなかったので、本文掲載しますね!!


「正攻法でスタンダードの伝統を継ぐ超新星のデビュー」
 確かに、指摘されればロング・トーンのシッポあたりに若さが漂っていると気づかないでもないのだけれど、資料を見ずに聴き始めた飯田さつきというヴォーカリストに対する印象は、きっと知る人ぞ知るキャリアをもったヴェテランが満を持してアルバムの制作に至ったんじゃないか、というものだった。ところがフタを開ければ、14歳からの10年超というキャリアはあるものの、20代半ばという新鋭のデビューというのだから驚きだ。スタンダードという、ジャズが歌い継いで育ててきた“資産”を大切にして、伝統的なスタイルであることを自らのアイデンティティに組み込んでジャズに向き合おうとする彼女の“姿勢”を具現しようとしたのがこのアルバムであるわけなのだが、リラックスした雰囲気のなかで歌詞の機微に触れながら抑揚タップリに歌いきるようすに、アメリカ人をして「ニューオリンンズから来た体格のよい黒人シンガー」が歌っていると思わせしめたのも納得できる。選曲のオーソドックスさは彼女のコンセプトに沿うものだが、それを飾り立てず、曲と歌手と現代性の三位バランスを絶妙に整えているアレンジがすばらしい。その宮本貴奈のホームグランドであるジョージア州で録られたこのサウンドは、まさに古きを温ねて新しきを知るに足る、ジャズへの愛情に満ち溢れたものとなっている。<富澤えいち>


こんなに素晴らしい批評をして頂き、本当に嬉しい限りです☆★

全国の本屋さんに「JAZZ LIFE」は置いてございますので、興味のございます方は、手にとってみてくださいね

拍手[0回]

PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS
本屋に速攻 買いにいきます。
すごいね。
すぐ買いにいきます。
Love-Groove Cuncil 2011/06/08(Wed)02:37:46 REWRITE
すばらしいねぇ。
買いに行きます。これからも一段一段、
階段を上ってね。応援してます。
もりもり 2011/06/10(Fri)01:25:00 REWRITE
無題
ぁっ、上のコメント もりもりだ。

先日、マーカス師匠の表紙の6月号ゲット!
7月号も予約したよ。
Love-Groove Cuncil 2011/06/12(Sun)00:07:02 REWRITE
えっ?
だれ?と聞くのは失礼かな?

だれ?だれ?とブログにコメントするのも失礼だねぇ。。。

さっちゃん。
もりもり 2011/06/12(Sun)08:04:18 REWRITE
お二人とも☆
先日は、マルディグラライブにお越し下さりありがとうございました♪

改め、モリモリHappy Birthday☆

Love Grooveさんは、モリモリもこの前一緒に帰った方よん。
Satsuki 2011/06/13(Mon)16:30:34 REWRITE
7月号買いました。
見開きインタビューは、インパクトあるね。

じっくりと読ませて頂きます。

内容がカッコイイ‼
Love-Groove Cuncil 2011/06/14(Tue)11:58:45 REWRITE
TRACKBACK
TRACKBACK URL
忍者ブログ [PR]